公益社団法人 立体駐車場工業会

発行刊行物

お問い合わせ

立体駐車場について

機械式駐車装置の沿革

昭和35年(1960年) 日本における機械式駐車場第1号(二段方式)が東京都千代田区内に設置される。
昭和36年(1961年) 垂直循環方式設置される。
昭和37年(1962年) エレベータ方式設置される。
昭和38年(1963年) エレベータ・スライド方式設置される。
昭和39年(1964年) 多層循環方式設置される。
昭和40年(1965年) 当工業会が社団法人として設立認可される。
昭和41年(1966年) 水平循環方式設置される。
昭和42年(1967年) 平面往復方式設置される。
昭和47年(1972年) 機械式駐車場の年間収容台数が1万台を突破。
昭和50年(1975年) 多段方式設置される。この年をもって現在の8種類の方式が完成。この間15年。
昭和58年(1983年) 機械式駐車場の年間収容台数が2万台を突破。
昭和60年(1985年) 機械式駐車場の年間収容台数が3万台を突破。
昭和62年(1987年) 機械式駐車場の年間収容台数が4万台を突破。
昭和63年(1988年) 機械式駐車場の年間収容台数が5万台を突破。
平成元年(1989年) 機械式駐車場の年間収容台数がいっきに8万台を突破。
平成2年(1990年) 機械式駐車場の年間収容台数が10万台を突破。
現在(平成14年度)まで機械式駐車場の年間設置台数が10万台を維持。
昭和35年からの機械式駐車場の累計設置台数が50万台を突破。
平成7年(1995年) 昭和35年からの機械式駐車場の累計収容台数が100万台を突破。
平成14年(2002年) 昭和35年からの機械式駐車場の累計収容台数が200万台を突破。
方式別の内訳 多段方式 677千台(32.9%)
二段方式 574千台(27.9%)
垂直循環方式 440千台(21.4%)
エレベータ方式 192千台(9.3%)
多層循環方式 52千台(2.5%)
水平循環方式 51千台(2.5%)
エレベータ・スライド方式 46千台(2.2%)
平面往復方式 25千台(1.3%)
合計 2,057千台(100.0%)

パーキングおもしろ話

機械式のパーキングが発明されたのはいつ頃?(その1)

今から74年前の昭和4年(1929)に大阪市西淀川区の角利吉氏が現在の垂直循環方式の原型とも言える装置を発明し、「自動車車庫」として特許出願していました。
当時、我が国の自動車保有台数が極めて少ない時代に、自動車を立体的に保管する方法が現在の装置とほとんど同じ構造で、既に発明されていたことは誠に驚きです。
世界に先駆けた先進的な発明でしたが、あまりにも時期尚早で実用化にはいたらなかったようです。

垂直循環方式

「垂直循環方式」は自動車を駐車させる複数の機器を、垂直面内に円形または長円形に配置して、連続循環させる方式です。

特殊なアタッチメントをもつ大型エンドレスチェーンに機器を吊り下げて循環移動させ、機器に設けたガイドローラとガイドレールによって循環移動する時に発生する機器の横揺れを防いでいます。

垂直循環方式は、自動車が搬器に乗り入れる位置によって、下部乗入式、中間乗入式、上部乗入式の3形式に分類されます。中間乗入式と上部乗入式は地下部分の有効活用を考慮した方式です。

多層循環方式

「多層循環方式」には、循環の形状によって円形循環式と箱型循環式があり、円形循環式は連続的に循環するため、 入出庫処理の時間が短く、円滑性を重視する用途に適し、一方円滑性は多少犠牲にしても空間の利用効率を重視したい場合には、 箱型循環式が適します。

乗込方式には、直接乗込式と昇降装置付属式があり、最近では後者のタイプが主流になっています。
昇降装置付属式の場合、昇降装置を駐車装置の端部に設けるのが普通ですが、昇降装置を中間に設ける型式もあり、また最近では方向転換装置を内蔵したものも実用化されています。

水平循環方式

「水平循環方式」は、垂直循環方式の上部乗入式が専ら地下を垂直に活用するだけであったのを、一歩進めてビルの地下部分を水平方向に利用するようにしたもので、車路を省いて収容台数を増やし、駐車場用途面積を節約する意図で開発されました。

この方式は、水平面内に多数の搬器を2列以上配置して循環移動する方式で、循環の形状によって円形循環式と箱型循環式に分類されます。

この方式は、専ら地下駐車場として利用されることが多く、実際に設置されているもののほとんどが箱型循環式であり、昇降装置を組み合わせて、地上階で車を乗り捨てる型式です。

この方式では、1層だけでなく2層以上の多層重ねも可能で、4層程度まで実用化されています。

エレベータ方式

「エレベータ方式」は自動車を格納する駐車室と、自動車昇降装置を組み合わせて立体的に駐車する方式で、駐車室を昇降装置の前後方向に設ける縦式、左右方向に設ける横式、放射状に設ける旋回式の3タイプがあります。

昇降装置から駐車室への移動は、搬送装置によります。
自動搬送する装置には、スライドフォーク、くし型フォーク、コンベア、ドーリーなどがあります。

エレベータ・スライド方式

「エレベータ・スライド方式」は機構的にはエレベータ方式の昇降装置に走行機能を付加したもので、基本的にはスタッカークレーンを使った自動倉庫と同じ機能をもっています。

エレベータ方式と同じく、駐車室を昇降装置の前後方向に設ける縦式、左右方向に設ける横式の2つのタイプが実用化されています。
昇降装置から駐車室への移動は、車の自走による型式と、自動車搬送装置による型式がありますが、後者のほうが主流になっています。

平面往復方式

「平面往復方式」は、平面的に自動車を格納する方式で、元来は自走では入庫できないスペースに、 入庫の障害になる手前の自動車を横に移動させながら、搬送したり、多重に駐車させるための装置です。 平面駐車場の駐車効率向上の補助手段としては大変有効な新しい機械式駐車装置です。

最近では視点を変えて、道路下地下駐車場にも適用できるような高性能・大規模なものが開発され、 各社からいろいろな機能を付加した大規模地下駐車場向けの設備が販売されています。

ユニットを組み合わせて中規模から大規模へと拡張できる平面往復方式の内部列

二段方式・多段方式

「二段方式」は駐車している自動車の上または下にもう一台の自動車を駐車させて駐車効率を高めるもので、自動車を昇降させる機構にはロープ式、チェーン式、油圧式などがあります。

二段方式には昇降装置だけを備えた昇降式と任意の自動車を入出庫させるために下段の搬器を左右に横行移動させる機能をもった横行昇降式があります。また、昇降式の変型として地下部分に1台を収容するピット式もあり、上下のスペースを個別に使用する集合住宅などに採用されています。

この二段方式の横行昇降式を拡大応用したのが3段式・4段式などの「多段方式」で、地上部分だけを利用するものから、ピット利用のものまで各種があり、最近では前後に多重駐車させる縦列式も実用化されています。

自動車用エレベータ

「自動車用エレベータ」は、車路の一部に相当し、自動車を駐車させる階まで人を乗せて昇降し、運搬するものです。

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ大
  • サイトマップ

PAGE TOP